陰を大切にする

陽気な人、陽気がいいなど
陽という文字には明るくてよいイメージがありますね
それに比べると陰気な人という言葉が
よくないイメージを持っているように
陰にはあまりよいイメージがないかもしれません

ですが陰と陽は本来どちらがよい悪いもなく
比べられるものではありません
性質の違いなのですね

陽は明るい、熱い、速い、軽い、躍動的、外に向かう力
陽は暗い、冷たい、遅い、重い、静か、内に向かう力
といった性質の違いを持っています
陰と陽はお互いが支え合い
それぞれどちらもなくてはならない大切なものなのです

ですが今は陽の方が重視されているような気がしませんか
明るく活動的な方がよいとされ
速く効率のよいものを求めがちです

陰と陽どちらもなくてはならないものですが
鍼灸の世界では陽は陰に従うと言われ
陰を重視して治療を行なっています
陽は外に向かう力ですから
陰が内に向かう力で引き締め留めていないと
力が全部外に飛んで行って散り散りになってしまうのです

明るく活動的でいるばかりでは
自分の中が空っぽになってしまうかもしれません
速く効率のよいものばかりを求めると
大切なものを見落としてしまうかもしれません

自分の中の陰の性質、陰の状態、陰の時間を
もっと大切にしてみませんか
それは静かに休むことだったり
自分の内向的な部分を大切にすることだったり
ゆっくりと物事に取り組むことだったりするかもしれませんね

そうやって陰を大切にすることで
陽もより輝きを増していきます

関連記事
陰と陽のバランスをとって過ごす
自分の陰陽バランス
陰の時間・陽の時間
夜の暗さを楽しむ
相反する気持ちを大切にする

10月より日曜日休診いたします

誠に勝手ながら
2018年10月より日曜日を休診日とさせて頂きます
ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承願います

また臨時休診日につきましては
今まで通り休診日のページにてご案内いたします

日曜日に予約をしたいという方には
本当にご迷惑をおかけしてしまいますが
土曜日・祝日は今まで通り
また夜も21:00(最終受付19:30)まで
診療いたしております
ご都合合わせてお越し頂けますと幸いです

これからも皆様の健康のお役に立てますよう
力いっぱい精進して参ります
よろしくお願い申し上げます

9/24(月祝) お灸教室開催

9月に入り暑さも少しやわらぎつつありますね
涼しくなってくるこの時期ですが
夏の暑さによって体力を消耗したり
冷房によって身体を冷やしたために
不調がいろいろと出てくる時期です
本格的な秋に入る前に
お灸で心身を整え気持ちよく秋を迎えませんか


お灸CAFE-お灸セルフケア教室-

お灸とはもぐさに火をつけてツボに働きかけ
心や体を健康に導く治療法です
数千年前から行なわれてきた効果のあるものですが
自分でも気軽に行なうことができます

お灸には興味があるけれど
どうやったらいいのかな?
どこにしたらいいのかな?
と思っている方お灸を体験してみませんか

お灸教室では
ツボをとる練習をしてから
身体の状態にあったツボに
ご自分でお灸をすえて頂きますので
自宅に帰ってからもすぐに
お灸をすることができるようになりますよ

その他にもいろいろな種類のお灸を体験したり
実際にもぐさをひねってみたり
気軽にお灸を楽しめる教室です

今までお灸教室に来て頂いた方からは
こんなに簡単だったんだとか
とても気持ちがよいなどの感想を頂いています
お家に帰ってからも続けて頂くことで
少しずつ心や身体が変化してきますよ

少人数で行なう教室ですので
お困りの不調や病などを相談しながら行なって頂けます
これを機会にお灸をセルフケアに取り入れてみませんか

興味がある方は気軽にお問合せくださいね

■ 開催日 ■
2018年9月24日(月祝)10:00~11:00

■ 開催場所 ■
はりきゅう治療室GreenRemedy
名古屋市営地下鉄丸の内駅 1番出口より徒歩3分

■ 参加費 ■
1,500円(ハーブティ付)
※自宅用のお灸をお持ち帰り頂けます

■お申込み方法■
お名前・人数・ご連絡先(メールアドレスとお電話番号)を明記の上
ご予約・お問合せフォームまたはこちらの連絡先よりお申し込みください

小児鍼受けて頂きやすくなりました

鍼灸というと大人のイメージがあるかもしれませんが
子どもさんへの鍼も「小児鍼」といって
心や身体の不調にとても効果があります

大人と違い鍼を刺すわけではなく
金属の棒やヘラを使って
さすったりなでたりしながら
施術をしていきます

子どもさんは生命力が旺盛なので
10分以内(小学生までの場合)の短い治療時間でも
敏感に治癒力が働き心身が変化していきます
症状が落ち着くまで少し間隔を詰めて
通って頂くことをおすすめします

そんな小児鍼ですが
受けて頂きやすくするために
料金を値下げしました
こんな症状にも効果があるかな?
うちの子にどうかな?と思われている方
どうぞお気軽にご相談くださいね
詳しくは→コチラ

<小児鍼 施術料金>
小学生まで   1,000円
中学生     2,500円/大人と同様の鍼も用います
高校生     3,500円/大人と同様の鍼も用います

気は巡らせて養う

気を使う・気にする
気を休める・気にかける…など
“気”に関する言葉というのは
実にたくさんありますね
東洋医学では文字通り気というエネルギーが
身体を巡っていると考えています

鍼灸治療ではその気を調整することで
心身のバランスを整えていくのですが
気に関する言葉がたくさんあるように
自分でも毎日の暮らしの中で
気を動かしたり減らしたり増やしたりしています

どうやったら大切な気を養うことができるのでしょうか
気は適度に使い巡らせることが大切です
基本的に身体をのびのび動かしたときは気も動いています
身体とセットになって気が動くと思って
頂くといいかもしれませんね
頭だけ使ったのでは気を巡らせることはできません
頭に気が集まりのぼせた状態になってしまいます
今は頭に気が偏った状態になっている方がとても多いです

気は適度に使うことで身体の底からどんどん湧き出てきます
使わない方が溜まるような気がしてしまいますが
そうではありません
適度に使い動かし巡らせることで気が充実してくるのです

ただ病に臥せっている方、療養中の方
非常に疲れやすい方など
極端に気を消耗している場合は
巡らせる気の量自体が少なくなっていますので
じっと心身を休めある程度気が溜まるまで待つことが大切です
溜まってきたら少しずつ身体を動かしていきましょう

ハードな運動をしなくても
身体の隅々まで気がめぐるようなイメージを持って
身体を動かすことで気が巡ります
歩くときにイメージするのもよいかもしれませんね

気が動くことは本来とても気持ちがよいものです
毎日の暮らしの中で少しだけ“気”を意識してみませんか

関連記事
運動するよりも休んだ方がいい場合
エネルギー量には個人差がある
気がめぐると気持ちいい
体を使った喜び
身体の一部分だけ使いすぎると