眠りはほてった身体を静める

睡眠についてお話を伺っていると
なかなか充分に質のよい睡眠をとれている方は
少ないように思います

日中忙しいと寝る前のゆっくりできる時間が貴重で
つい寝るのが遅くなってしまったり
そもそも帰りが遅くて寝る時間が遅くなってしまったり
別にすることはないけれども
何となくテレビを見ていたり
スマホを見ていたら遅くなったなど
そんなことはありませんか

昨日は寝るのが遅かった
今週は睡眠不足だなど
睡眠については1日単位、週単位で
みてしまいがちですが
近頃「睡眠負債」ということがよくいわれているように
長期的に見てもよい睡眠がとれていないことが
心や身体に大きな影響を及ぼしてきます

東洋医学で考えると
健康のためには陰陽のバランスをとることが大変大切です
いろいろなことが陰陽で考えられますが
日中の活動を陽とすると睡眠は陰になります
そうするとバランスをとるためには
日中の活動(陽)で活性化した心身を静めるために
睡眠(陰)がとても大切になってきます

ほてった心や身体をクールダウンしてくれる働きが
睡眠にはあるのですね
そのほてりを放っておくと
心や身体がオーバーヒートを起こして
いろいろな不調や病につながっていくこともあります

身体を診させて頂くと
今は陰が不足している方がとても多いように感じます
いくつも原因があると思いますが
睡眠がしっかりとれていないというのも
理由の一つなのです

ぜひ今日から睡眠をしっかりとって
心や身体のほてりを静めることを
意識してみてくださいね
そうやって質のよい睡眠を積み重ねていくことで
心身の修復機能も高まり
今現れている不調も
少しずつ改善されていくかもしれません

関連記事
陰を大切にする
不眠に鍼灸
陰と陽のバランスをとって過ごす
大切な時間
眠れないときは身体に意識を

回復はらせん状に

病が回復するときというのは
誰でもすっとよくなってほしいものですが
実際はなかなかすんなりとよくなることは
少ないものですね

何となくよくなったり悪くなったり
そのうち気づいたら治っていたということが
多いのではないでしょうか

病や不調というのは
心や身体の状態がアンバランスになったまま
固まっているようなものです
それを生活習慣を改めたり治療を受けたりして
徐々に本来のバランスのとれた状態に
近づけていくのですね

そのとき欲を出して一気に治そうとすると
急に心身のバランスが変わるために
かえって不調が出かねません
鍼灸の治療でも一気に治そうとはしません
あまり急に治そうとすると
逆にどこかにゆがみが出てしまうのです

ですので今日はこのぐらいまで
変化させても大丈夫かな
というように様子を見ながら施術をし
あとは少しずつ新しいバランスのとれた状態に
馴染んでいくのを待つのです
それを繰り返すことで
ゆっくりと玉ねぎの皮が1枚ずつむけるように
やわらかに変化していくのですね

すぐに治りたいかもしれませんがそこは我慢をして
上向きではあるけれども少しずつ少しずつ
よくなったり悪くなったりを繰り返しながら
らせん状に回復するのを待ちましょう
慌てずゆっくり構えていきましょうね

関連記事
癒すのは身体自身
身体の症状はすべてつながっている
ゆっくり回復する
ゆっくり治す
足りないぐらいでおさめる

10/28~10/31休診いたします

だんだんと秋が深まってきましたね
丸の内駅と名古屋駅の間の桜通りでは
銀杏の色が少しずつ変わってきました
紅葉すると大変綺麗ですので
お近くにお越しの際はぜひ足をのばしてみてくださいね

休診日のお知らせです
10/28(日)~10/31(水)の4日間お休みを頂きます
お休み期間中にご連絡頂いた場合は
11/1(木)にお返事させて頂きます
大変ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします