不調が固まる前に

そんなに辛いというほどでもないんですけど…と治療室にお越しになる方がいらっしゃいます。
そういう方もちろん大歓迎です。

病院の検査では何ともない、でも何となく調子が悪い、疲れているといった段階で手を打つことはとても大事です。
東洋医学では病と健康をはっきりと分けて考えません。
ここまでが健康でここからが病気だという風には考えないのですね。
グレースケールのように白から黒に向かってなだらかに濃淡が変化しているグレーの色が続いているように身体を診ています。
そしてどの色の段階でもそれぞれの状態にあった治療を行うことができます。
健康と病気を分けて考えないため、白でも黒でもグレーでも治療を行うことができるのですね。

何となく現れた不調の段階、病気と名前のつく前の段階では、身体はまだすぐに治りやすい状態です。
ですが不調が固まっていくにつれてグレーの色が濃くなり、いざ鍼灸や漢方など東洋医学の治療を受けても、治りにくくよくなるまでに日数がかかるようになってしまいます。

ですからちょっとした不調でも特に病気がない段階でも、遠慮することなく鍼灸治療を受けにお越し頂けたらと思います。

関連記事
鍼灸で神経の緊張をゆるめる
病は積み上げてきたもの
眠りはほてった身体を静める
風邪は休みどきのサイン
小さな疲れや不調を大切に

身体は季節に呼応する

まだまだ寒い日もありますが、日差しがだいぶ春らしくなってきましたね。

明日3/6(火)は啓蟄です。
虫もごそごそと地中から這い出て動き始める頃という意味ですが、植物や虫、動物たちは季節を敏感に感じ取り、それに合わせて身体を変化させたり行動を起こしたりします。
人間も例外ではありません。
自分では気づいていないだけで、身体の見えない部分では虫がごそごそと這い出るような動きがダイナミックに起こっているのです。
夏には夏の秋には秋の冬には冬の、そして春が近づく今の季節には春の力が身体の中で動き始めているのですね。

春の力とは一体どのようなものでしょうか。
自然を観察してみるとよく分かります。
虫が穴から這い出たり動き始めたりするような力、植物が芽吹くといったような力です。
発散、発生、発陳といった言葉でも表されます。
冬の間にしっかり守り熟成させた力を春になって発揮し始めるような、内から外へ向かう力です。

陽気に誘われて何だか身体を動かしたくなってきた、新しいことを始めたくなってきたなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
見えない部分で働いている力を自然と感じとっているのですね。
そういったことを感じる方も感じない方も、少し早く起きるようにしたり身体を軽く動かしたりして、日常の過ごし方を冬モードから春モードへと少しずつシフトチェンジしましょう。
そうすることで季節に身体が呼応しやすくなり、心身の不調も出にくくなりますよ。

関連記事
変化の春には身体のケアを
花粉症に鍼灸
身体の感覚に耳を澄ます
まもなく4月
身体の中の自然もめぐる

頭を休めて身体を動かす

昔の生活スタイルと現代の生活スタイルで変わったことというのは本当にたくさんあると思いますが、頭をよく使うことが増え逆に身体を動かすことが少なくなったというのもとても大きな変化ではないでしょうか。
デスクワークやパソコン作業が増え、スマートフォンや携帯、テレビを見る時間が多くなりました。
身体はほとんど動かさないのに頭の中だけフル回転するような状況が増えましたよね。

身体を使わずに頭だけを使うとどうなるのかというと、シンプルにいえば身体の上の方に気が集まりのぼせたような状態になります。
そして上に気が集まりのぼせている分、下には気が少なくなり下半身が冷えたり弱くなったりします。
のぼせると肩こり、頭痛、めまい、目の疲れ、視力低下、耳鳴りなど身体の上の方にいろいろと症状が出てきます。
そして身体の下は冷えたりむくんだり、足腰が弱ったりしてくるのです。
思い当たることがある方多いのではないでしょうか。

そういった症状が出ている場合は、少し頭を休めて代わり身体を動かす必要があります。
普段身体を動かしていないとおっくうになりがちですが、少しずつ動かし始めると気持ちよさから身体をもっと動かしたくなるものです。
春も近づいてきました。
スマートフォンを少し脇に置いて、身体を気持ちよく動かすことを始めてみませんか。

関連記事
体を使った喜び
身体の一部だけ使いすぎると
疲れにあった休み方
身体を全体でとらえる
頭の使いすぎは身体のバランスを崩す

見えないものから変化する


昨日(2/4)は立春でしたね。
フラワースタジオマールさんに立春らしいお花をお願いしました。
華やかさの中にこれから力を増してくる春の陽気が感じられてとても素敵です。

まだまだ寒いのに立春とは暦の上だけではないのかと思われる方も多いと思いますが、春という現象が現れてくるのが遅いだけで、見えない部分では確実に春の準備が着々と進んでいます。
春になって急に芽を出そう花を咲かせようと思ってもできません。
春がまだ目に見えないだけで見えない部分では春がもう立っているよ、始まっているよということで立春なのですね。

春に限らず変化するときというのは、まず見えないものから変化していきます。
たとえば何か自分に変化が現れたときというのは、現れたそのときが変化したときと思いがちですが、そうではなくその随分前から見えない部分では変化が始まっているのですね。
なかなか変化しないと思っていることも、よーく探してみるとその兆しを感じることができるかもしれません。

外側には現れていなくても、内側の春の準備が整えば自然と現象として春が現れてきます。

関連記事
大切なものはいつもゆっくりと進む
春を細かく感じる
変化は季節のように
春に向けて寒さを味わう
春を迎える前に

凸があれば凹がある

陰陽の考え方の基本は「陰があれば陽がある」というものですが、相反するものが必ず存在するということです。
新しいと古い、近いと遠い、明るいと暗い、活動と休息、凸と凹…など例をあげればきりがありませんが、どなたでも感覚的に理解しているようなものばかりですね。
ですが、日常生活ではついつい陰があれば陽がある、凸があれば凹があるという相反するものがあることを忘れがちです。

何か活動をしていてうまくいかないとき、その活動の仕方のどこが悪いのかと考えてあれこれ試し四苦八苦したりしていませんか。
ですが足りなかったのは活動(陽)の工夫ではなくて休息(陰)だったりするのです。
お肌の手入れをしていてなかなか綺麗にならないとき、あれやこれやと色々なものを試したりします(陽)。
でも実は足りなかったのはお肌に何もつけないお肌の休息(陰)だったりします。

特に今の世の中は陽(活動的なもの)がよしとされることが多いので、陰(休息的なもの)が置き去りにされているような気がします。
同じものの中でぐるぐる回ってうまくいかないと気づいたら、色々試してもうまくいかないなと思ったら、陰的なものを忘れていないか考えてみることで、うまくいかなかったことがうまく回るようになってくるかもしれません。

関連記事
陰と陽から身体を見る
陰を大切にする
陰と陽のバランスをとって過ごす
自分の陰陽バランス
陰の時間・陽の時間