身体から感情をととのえる

体調を崩したとき「原因はストレスかなぁ?」と思ったりするように、感情や精神の動揺は身体に影響を及ぼします。

東洋医学では、そのストレスになる感情を怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7種類に分けています。
なぜ分けるのかというと、その感情の種類によって身体の反応が違いバランスの崩し方も異なってくるからです。

たとえば悲しみで胸がいっぱいと言うように、悲しみは胸にある肺と深く関係がありますし、驚いて腰が抜けるという言葉のように驚きは下半身と関係が深いです。
それぞれの感情によって身体の反応も違ってくるのですね。

このように感情の動揺は身体に影響を及ぼしますが、逆もしかりです。
肺が弱っていると悲しい気持ちになりやすくちょっとしたことでクヨクヨしますし、下半身が弱っていると驚きやすくなります。
つまり身体のどこかが弱っていると、それに対応する特定の感情が動きやすくなってくるのですね。

ということは悲しみが強いときやビクビク驚きやすいとき、身体をととのえることでそれが和らいできます。
これは強い怒りや恐怖感など、7種類のどの感情にもいえます。

身体のバランスがととのっていると、気持ちがゆったりとし落ち着いていることができます。
感情に振り回されて辛いとき、身体からアプローチするのも一つの方法なのです。

臨時休業のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当治療室は4/29(水)から5/6(水)まで休業とさせて頂くことといたしました。
また5/6(水)以降は、情勢を見ながら再開するかどうかを判断し、こちらにてお知らせさせて頂きます。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

大変な日々が続きますが、いつでも皆さまの健康を願っております。
どうぞお身体ご自愛くださいますよう。
休業期間中もブログやツイッターの方は更新いたします。
よかったら覗いてみてくださいね。

動きたくなるまで待つ

心身がだいぶ弱っているときには、とにかく休息が必要です。

元気なときに何気なくやっていることも、弱っていると簡単なことですら負担になってしまうことがあります。
無理に何かしようと思わないことです。
あれをしたらよくなる、これをしたらよくなる、そんなことも思わないことです。
何かしてよくなるという考えは少しわきに置いておきましょう。
とにかく何もしないことがよくなる近道なんですね。

あれもしないこれもしない、どこまで何もしないでいられるか試すぐらいの気持ちでいきましょう。
質のよい睡眠をたっぷりとって何もしないでいると、そのうち自然とむずむず何かしたくなってきます。
そうしたら慌てず騒がずゆっくりゆっくりと動き始めます。

本当に休息がしっかり取れれば、必ず回復して動きたくなってきます。
それまでは自分を責めることなくゆっくり休んでくださいね。