意味を考えすぎる前に

leaf_leaf不調の意味を考えることは
大切なことでもあるのですが
考えすぎてしまうとしたら少し問題です
難しいですね

あまり意味にとらわれすぎると
この不調や今の状態には
何か大きな意味があるのではないか
すごい意味があるのではないかと考えて
日常がおろそかになってしまうことがあります

そういうときは落ち着いて
日常生活はどうかな?と振り返ってみます

ほんとうに基本中の基本である
睡眠や食事、身体を動かすことが
しっかりできていれば
それだけでよくなる不調も多いのです

生活の基本も大切にしながら
ゆったりと意味も考えてみる
そのぐらいのバランスが
ちょうどいいのかもしれませんね

関連記事
不調の意味
足りないぐらいでおさめる
自分の陰陽バランス
流れながらバランスをとる
身体を全体でとらえる

不調の意味

KOUYOU2体調を崩すとつらいものですね
何とか早くよくなりたいと思うものです

もちろん早くよくなるために
適切な治療を受けたり
自分の生活を整えたりすることは大切です

ですがそこで一呼吸おいて
この不調はどういうことだろう?
と考えてみることにも意味があります

不調=〇〇だったから
というようなシンプルな原因を
どうしても見つけたくなるものですが
もう少し幅を広げていろいろな角度から
考えてみることも必要かもしれません

今がどういう状態なのかが分かっても
人間は機械ではありませんから
はっきりした原因というのは
ほんとうは分かりにくいものなのです

なかなかよくならない不調になるほど
日々の細かいことではない
もっと大きな部分から
自分を見直さなくてはいけないことも
あるかもしれません

すぐに結論が出なくても
焦らずていねいに不調の意味を考えてみることは
状況を自然と変化させることにもつながっていきます

関連記事
たまには風邪ひこう
変化は季節のように
身体はいつでも自分の味方
癒える過程でいろいろ変化する
変化のときは混沌とする

考えると感じるの違い

KOUYOU3ふだん何気なく
考えたり感じたりしているものですが
考えること・感じることがどのように違うのか
意識されたことはありますか

考えることも感じることも
どちらも必要なものですが
今は頭を使って考えていることの方がずっと多く
感じる力を使う機会が
少なくなっているように思います

考える方ばかりに傾いていると
“考える”と“感じる”の違いも
よく分からなくなってしまうかもしれません

こころや身体の治癒力をONにするには
感じることがとても重要になってきます
自分のこころや身体がどうなっているのか
どんな風なのかと丁寧に感じていくことが
心身に変化を起こすカギになるのですね

健康によいことをしようとするときには
いろいろ調べたり聞いたりして
〇〇をしたらいいのではないか
△△を飲んだらいいのではないか
と考えることが多いかもしれません

それに対して“感じる”というのは
自分の身体やこころはどうなっているのか
たとえば足はどんな感じなのか
冷えているのか温かいのか
冷えているとしたらどんな感じの冷えなのか
それがどう変化していくのか
じっと意識を向けていくことです

自分の内にあるものを丁寧に感じることができると
それだけでこころや身体は自然と変化をし始めます
不思議なものですが本来そういった働きを
こころや身体は持っているのですね

頭で考えることに慣れていると
感じることに気持ちを集中するのがなかなか難しく
すぐに飽きたり気が散って
最初はその感覚がよく分からないかもしれません

ですが感じる練習を重ねていくにつれて
こころや身体が自分とつながってくる感覚が
少しずつ分かってくることと思います

考えることも感じることも
とても大切な力ですから
バランスよく使いたいですね

関連記事
ひとつを丁寧にしてみると
感じることで内から変化する
丁寧に身体に気持ちを向ける
お灸で感じる力を磨く
身体の感覚に耳を澄ます