しめつけない下着

きれいな身体のラインをつくるために
しっかりした下着をつけることが
女性の方は多いのではないでしょうか

ですが肌にくっきりあとがつくような
身体をしめつける下着をつけていると
血液の流れはもちろん
気などといった見えないものの流れを
さまたげてしまう場合があります

背中に触れてみると
ちょうど下着を境にして
肌の温度がくっきり変わっているような
こともあります

頭から足、足から頭の方へと
たてに走る大きな川のような流れが
身体にはあるのですが
下着で強くしめつけることによって
その大切な流れを邪魔してしまいます

いろいろな国の民族衣装を見てみると
身体にゆったりとまとっているようなものが
多いのではないでしょうか
昔の人はそういった身体の流れを
敏感に感じとっていたのかもしれませんね

関連記事
肌から身体に働きかける
丁寧に身体に気持ちを向ける
身体の感覚に耳を澄ます
長風呂で肌を傷める
身体はシンプルを好む

こまめに休んで疲れを固めない

仕事や勉強や家事など
いろいろやらなければいけないことを
一気にしなくてはいけないとき
はかどっているときには
ついつい休みもとらずに頑張ってしまいますが
疲れをためないようにこまめに休んだり
リフレッシュするのはとても大切です

疲れをためないように休むなんて
当たり前のことのようですが
これがなかなか難しく
しっかり休めていない方も
多いのではないでしょうか

疲れはたまると固まって
ゆるめて融かすのが大変になってしまいます
汚れと似ているかもしれませんね
汚れたばかりのときは落ちやすいのに
ほうっておくと落ちにくくなるように
疲れもほうっておくことで
どんどん取りにくくなってしまいます

ひとつの作業終わったとき
一日が終わったとき
一週間が終わったときなど
こまめにしっかり休むことで
疲れもたまりにくくなります

後でたくさんまとめて休もうとするよりも
こまめにしっかり休んだ方が疲れが固まらず
心身の不調など後で大きな反動がくることも
きっと少なくなりますよ

関連記事
疲れにあった休み方
目を休めて心身を養う
疲れたときは早く寝る
しっかり休むには
大変さは人によって違う

陰の時間・陽の時間

東洋医学では陰陽という考え方で
身体や心はもちろん
いろいろなものを見ようします

陰気な人、陽気な人などの
言い方もあるぐらいなので
陰と陽だと陽の方がいいのかな?と
思われがちですが
まったくそういうことはなく
どちらも比べられない
とても大切なものなのですね

活動と休息を陰と陽に分けてみると
活動=陽で休息=陰となりますが
今はいろいろ一所懸命頑張って
活動するのがよいとされることが多いので
どなたも活動する陽の時間の方が
圧倒的に多い状態です

陰陽のバランスを考えると
本当は活動することと同じぐらい
休んだりのんびりすることが
必要なのです

そんなに活動していないけど…という方も
少しでも時間があれば
パソコンや携帯を見たりと
頭の中が忙しい場合が多く
本当にぼんやりとくつろぐような
休む時間がとても少ないのです

陰の時間はしっかりとれているかな?
自分にとっての陰の時間はどんなものかな?と
ときどき一息ついて考えてみませんか

今は陽的なことがとても多い分
陰について意識的に考えることが
必要かもしれません

関連記事
自分のための時間を大切に
疲れたときは早く寝る
夜の暗さを楽しむ
目を休めて心身を養う
のんびりするには力がいる