色ツヤで身体の状態を知る

「今日は色ツヤがいいね」なんていうときがありますよね。
では実際どんな風に色やツヤで身体の状態をうかがい知ることができるのでしょう。

まず顔や身体の色がどんな色であってもツヤがあれば、病気であっても回復する力があるとみます。
古い古い中国の書物には「縞(白い絹)でつつんだような色だとよいよ」と書いてあります。
どんな色でも絹のような光沢のある色だとよいのですね。

次に色ですが、青、赤、黄、白、黒に分けて身体の状態をみます。
詳しい方はこの5つが五行の色だと気づかれるかもしれません。
この5つの色から身体の熱や冷えの様子を知ることができます。

まず赤ですが、熱があるときには赤くなることがありますよね。
そうです、赤は熱があるときの色です。
ただ体温の高い低いに限らず、東洋医学的に診た熱がある状態のときに赤くなります。

そしてその熱のある状態が長く続くと今度は黒くなってきます。
古い熱の色が黒です。

そして熱がある状態に水が加わると…今度は黄色になります。
熱があって余分な水が身体にたまっているようなときに黄色くなるのですね。

冷えると手足が白くなったりしますが、白は冷えの色です。
そしてなお冷えが進むと青くなります。

この5つの色もはじめにお話したように、ツヤのあるなしで回復力の度合いを知ることができます。

怒りもしない我慢もしない

前回内側から起こる病の原因の中で、過度に怒るとのぼせてさまざまな不調が出てしまいますよとお話しました。
じゃあ怒るのを我慢したらよいのかなと思うかもしれませんが、実は怒るのを我慢するのもまた違った不調を招いてしまうのです。
我慢するときというのはぐっと力を入れる感じがしますよね。
そうすると身体がギュっと固くなり血流が悪くなってしまいます。
怒ったときとはまた違って血流が悪くなることでの不調がいろいろと出てきてしまうのですね。

怒っても我慢しても心身に負担になるならばどうしたらいいのでしょう。
それは怒りが沸いてきたときに「今自分は怒ってるな」と気づくことです。
怒りに飲み込まれてしまわずに、自分の感情に気づいて受け入れることなのですね。

怒りが沸くのは自然なことです。
それをいいとも悪いとも思わずに「あぁ、怒ってるな」と気づくことで、怒りがすーっと地面に流れていくように小さくなっていきます。
それでもまた怒りが沸いてきたら、「あぁ、怒ってるな」です。
「あぁ、怒ってるな」「あぁ、怒ってるな」と繰り返していくことで感情はずいぶんと落ち着いてきます。

これは他の感情についても同じです。
気づいて受け入れることで、過度に感情を爆発させることもなく我慢させることもなく、心身にも負担になりにくいのです。
怒り、不安、悲しみ…など辛い感情に苦しんでいる方、試してみてくださいね。

関連記事
内側から起こる病の原因
頭を休めて身体を動かす
身体の上の症状・下の冷え
気は巡らせて養う
身体の一部を使いすぎると

内側から起こる病の原因

東洋医学では、病の原因は大きく3つに分けられます。
それを内因、外因、不内外因といいます。

病の原因が自分の内側から起こるもの(内因)と、外側から来るもの(外因)、その中間にあるようなもの(不内外因)に分けられるんですね。
その中で、今回は内因についてお話します。

内因、内側から起こるものとは何でしょう?
それは感情が過度に動くことなのです。
その感情、心の動きをさらに詳しく見てみると「怒、喜、思、悲、憂、驚、恐」の7つに分けられます(七情)。
これらの感情の動きが病の原因になっていると考えられているのですね。

たとえば怒ることを「腹が立つ」「頭に来る」などといいますが、過度に怒ると気が上に上るといわれています。
気が上に上るといわゆるのぼせた状態になってしまい、それが続くことで心身に色々な不調が出てきます。

怒りは気を上らせますが、感情によって気の動き、変化が異なります。
よく不調の原因がストレスによるものといいますが、どの感情が動いたかによって心身がどう変化するのかも違ってくるのですね。

内因の中に「喜」があります。
喜ぶことはいいことじゃないの?と思いますよね。
喜ぶと気が緩むといわれています。
適度な喜びは気を緩ませ心身を調和させます。
ですが、過度な喜びは心身を緩ませ過ぎて負担になるのです。

どの感情も決して悪いものではありません。
自然な感情は豊かな心を育んでくれます。
ただそれが過度になると心身を傷つけてしまうのですね。

病の原因についてはまたお話したいと思います。

治療はやりすぎない

鍼灸治療を行う際の大切なことの一つとして、やりすぎないことがあります。
痛いところや辛い症状は早くなくして差し上げたいのですが、それを1回の治療で「なくそう!」と頑張るとかえって悪化してしまうことがあります。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉がありますが、本当にその通りなのです。

人の治癒力は大変繊細なもので鍼やお灸などの刺激を受けると、バランスをとりながら少しずつ少しずつよい方向へと変化していこうとします。
鍼灸の施術が終わってもその変化は続いていきます。
ですので治療が終わった時点で10点満点を目指してしまうと、さらにそこからも変化は進みますので、10から逆に9、8、7…と戻っていってしまうのです。

身体が自由に動こうとする余裕を残して治療を終えることが大切なのですね。
そうすることで身体は丁寧にゆっくりとバランスをとりながら変化していくことができます。
それは自分で運動したりお肌の手入れをしたりといったことにも通じることかもしれません。
やり過ぎはかえって悪化してしまうということをよく考えて、8分ぐらいにとどめておきましょうね。

関連記事
身体の欲していることはシンプル
陰と陽から身体を見る
頭のマッサージはやりすぎない
回復はらせん状に
癒すのは身体自身

胃を冷やさず夏バテ予防

今年の初夏は暑いですね。
今から熱中症予防に意識して水分を摂られている方多いと思います。
暑いですからがぶがぶと冷たい飲み物を飲みたいところですよね。
ですが、冷たい飲み物を飲むのはちょっと待ってください。
大切な胃を冷やしてしまいます。

胃は身体のエネルギーをつくる製造工場のようなものです。
その工場では、お鍋をぐつぐつコトコト煮てエネルギーをつくり出しています。
そしてそのエネルギーを使って私たちの身体をつくったり、活動したりしています。

ところが冷たい飲み物をとったりして、そのお鍋を冷やしてしまうとどうでしょう。
ぐつぐつと煮ることができなくなって、大切なエネルギーをつくり出せなくなってしまいます。
すると身体がだるくなってきたり、食欲がなくなってきたりと全体の調子がダウンしてきます。

ですので水分を摂るときには、常温のものか温かいものを飲んで胃を冷やさないようにしましょう。
毎年夏バテしている方は、これに気をつけるだけでもずいぶんと身体の調子が変わってきますよ。

関連記事
夏の冷え
冷たい飲み物にご注意を
暑くなる前に汗をかく
汗をかいて夏を迎える
初夏の咳に