夏の冷え

今年の夏は本当に暑い日が続いていますね
この暑さですから体調を崩す方も大変多いです
ですがそれと同じぐらい冷えによって
体調を崩されている方もいらっしゃいます

熱中症の予防のために
暑さに身をさらさないようにすることは大切ですが
冷房や冷飲食で身体を冷やし過ぎると
今度はそれが原因となって不調を招いてしまうことがあります

冷房はどうしても下に冷たい空気がたまりますから
足元から冷えが入ってきます
ですので上半身は汗をかいていても
お腹や足が冷えていらっしゃる方が多いのです
この時期冷えのために
こむら返りを起こす方も多いです

予防のためには扇風機で空気をかき混ぜたり
足元を冷やさないように
職場や家にいるとき、寝るときに
短いレッグウォーマーをすることをおすすめしています
足首あたりは重要なツボが集まっていますので
冷やさないようにすることが大切です
特に妊婦さんは気を付けてくださいね

胃は身体のエネルギーを作る工場です
胃の働きが弱るとエネルギーを作る力も弱まり
疲れやすくなったりだるくなったり
食欲がなくなったりしてしまいます
暑さで食欲がないと思っている方も
実は冷飲食が原因で胃の働きが弱まっている
という場合もあるのですね

水分を補給するときはなるべく常温のものや
辛くなければ温かいものをとってください
また胃に負担をかけないように
消化のよいものをとるようにしてくださいね

大変暑い夏ですが冷えにも気を付けて
元気に秋を迎えましょう!

関連記事
身体の上の症状・下の冷え
夏の疲れが出る頃
冷たい飲み物にご注意を
夏にはたらく力
不調のときは刺激を控える

身体の症状はすべてつながっている

初診時にはいろいろな質問が載っている問診票を書いて頂き
一番辛い症状、その他気になっている症状
睡眠の状態、お通じの状態、食欲の有無や胃腸の調子など
詳しくお話を伺います

たとえば腰痛が辛くて来られた方にも
睡眠、お通じ、食欲の有無など詳しく伺います
一見関係なさそうに思えますよね
早く治療してくれればいいのになんて思う方も
もしかしたらいらっしゃるかもしれません

しかし腰が痛い場合も原因が腰にあるとは限りません
それよりも今その方全体がどういう状態になっているのか
腰痛として現れている症状の大元の原因は一体何なのか
それを考えて治療していくことが大切なのです

腰の痛みの他にも便秘があって
目の疲れがあって爪がよく割れたり
夜中目が覚めてしまうなんていうことをお聞きした上で
脈やお腹を診させて頂くと
なるほどなるほどと大元の原因が
だんだんと浮かびあがってくるのですね

健康なとき身体全体がAという状態だとすると
バランスが傾いたときは
Bという状態になってしまいます
そのBという状態が腰痛や目の疲れといった
いろいろな症状を身体に現すといった感じなのです

ですので腰が痛くなったとしても
腰だけが悪いわけではないのですね
全身のバランスが崩れていることで
腰痛という一つの症状が出ているわけです

どこかに症状が出ていたとしても他の不調や症状は
大元ですべてつながっているのです

関連記事
身体の一部分だけ使い過ぎると
身体を全体でとらえる
身体の感覚に耳を澄ます
目を休めて心身を養う
頭の使いすぎは身体のバランスを崩す

不眠に鍼灸

健やかな心身を保つために大切なのが
質のよい睡眠です
よい心の状態、よい身体の状態を得ようと思ったら
かかせないとても大事な時間なのですね

ただそうは分かっているけれども
寝ようとしても眠れない
という方いらっしゃると思います

眠れないときは本当に辛いものです
眠れないだけならともかく
いろいろとよくないことを考えたり
不安になったりして
よけい辛くなってしまい
夜が来るのが怖いという方もいらっしゃいます

不眠にもいくつかタイプがあります
なかなか寝付けない方
途中で目が覚めて眠れなくなってしまう方
朝早くに目が覚めてしまう方
眠った気がしない方
鍼灸ではそれぞれタイプによって
原因が異なりますので
その方の状態に合わせて治療を行ないます

眠れない多くの場合は頭の使い過ぎなどです
頭のスイッチを切って眠らなくてはいけないのに
頭のスイッチがONになったままになっているのですね
東洋医学で言うならば
気や血といったものが
身体の方へ戻っていけば眠れるのですが
頭に集まったまま
のぼせたような状態になっているのです

日常的に身体よりも頭を使ったり
目を使ったりすることが多いと
頭が働き過ぎて頭のスイッチを切ることが
できなくなってしまいます
ONになったままになってしまうのですね
そうすると不眠以外にも
自律神経のバランスが崩れたりして
いろいろな不調が出てきてしまいます

鍼灸治療を受けると頭のスイッチがOFFになり
心身ともに深いリラックス状態になります
それで治療を受けた日はよく眠れると
おっしゃる方が多いのですね

そういった眠れる日を徐々に増やし
積み重ねていくことによって
心や身体のバランスが整い
自然と眠れるようになっていきますよ

関連記事
大切な時間
頭の使いすぎは身体のバランスを崩す
目を休めて心身を養う
陰の時間・陽の時間
眠れないときは身体に意識を

春を迎える前に

毎日寒い日が続きますが
明日2/3(土)は節分、2/4(日)は春分です
春までもう少し
待ち遠しいですね

とはいってもまだまだ寒い日が続きます
寒い季節に無理をすると
暖かくなってきた頃に不調が出始めます
ですので冬の過ごし方がとても大切です

冬は動物が冬眠をしているように
人もエネルギーを蓄えておく季節です
汗をかくような運動や
ハードなスケジュールは避けてください

この季節いかにエネルギーを温存させておくかが
春の体調に影響するのです
かといってまったく身体を動かさないのもよくないですから
適度に動かしながら無理をしないようにしてくださいね

春になるといつも体調を崩すという方
過ごし方を少し意識してみてくださいね

関連記事
春に向けて寒さを味わう
冬にはたらく力
花粉症に鍼灸
エネルギー量には個人差がある
夏の疲れが出る頃

運動するよりも休んだ方がいい場合

最近疲れやすいから体力をつけるために運動をしようかな
などと思って運動をするのは基本的にはいいことです

特に頭を使って体はあまり動かしていない場合など
疲れているときでも無理して体を動かした方が
気がめぐってリフレッシュされ
意外とさっぱり疲れがとれるものです

ですが疲れを感じている方の中には
運動をするなんてとんでもない
しっかり休まなくてはいけない
という方がいらっしゃいます

そういう方は活動量をぐんと減らして休まなくてはいけません
ただ身体が相当弱っているので
休んだだけでは疲れが回復しない場合も多く
ぜひ鍼灸治療を受けに来て頂きたいと思います

気やエネルギーを巡らそうと思っても
そのめぐらす気やエネルギー自体が少なくなっているのですね
ストレッチなどゆったりと体を動かすのはいいのですが
体力を消耗するような運動はしてはいけません

自分はどちらに当てはまるかな?と思う方は
少し運動してみて疲れがとれないようなら
休んだ方がいいかもしれません
また一度鍼灸院などに相談されることをおすすめします

関連記事
エネルギー量には個人差がある
リズムをつくってエコモード
小さな疲れや不調を大切に
ほんとうの休みどき
不調のときは刺激を控える