春を迎える前に

毎日寒い日が続きますが
明日2/3(土)は節分、2/4(日)は春分です
春までもう少し
待ち遠しいですね

とはいってもまだまだ寒い日が続きます
寒い季節に無理をすると
暖かくなってきた頃に不調が出始めます
ですので冬の過ごし方がとても大切です

冬は動物が冬眠をしているように
人もエネルギーを蓄えておく季節です
汗をかくような運動や
ハードなスケジュールは避けてください

この季節いかにエネルギーを温存させておくかが
春の体調に影響するのです
かといってまったく身体を動かさないのもよくないですから
適度に動かしながら無理をしないようにしてくださいね

春になるといつも体調を崩すという方
過ごし方を少し意識してみてくださいね

関連記事
春に向けて寒さを味わう
冬にはたらく力
花粉症に鍼灸
エネルギー量には個人差がある
夏の疲れが出る頃

運動するよりも休んだ方がいい場合

最近疲れやすいから体力をつけるために運動をしようかな
などと思って運動をするのは基本的にはいいことです

特に頭を使って体はあまり動かしていない場合など
疲れているときでも無理して体を動かした方が
気がめぐってリフレッシュされ
意外とさっぱり疲れがとれるものです

ですが疲れを感じている方の中には
運動をするなんてとんでもない
しっかり休まなくてはいけない
という方がいらっしゃいます

そういう方は活動量をぐんと減らして休まなくてはいけません
ただ身体が相当弱っているので
休んだだけでは疲れが回復しない場合も多く
ぜひ鍼灸治療を受けに来て頂きたいと思います

気やエネルギーを巡らそうと思っても
そのめぐらす気やエネルギー自体が少なくなっているのですね
ストレッチなどゆったりと体を動かすのはいいのですが
体力を消耗するような運動はしてはいけません

自分はどちらに当てはまるかな?と思う方は
少し運動してみて疲れがとれないようなら
休んだ方がいいかもしれません
また一度鍼灸院などに相談されることをおすすめします

関連記事
エネルギー量には個人差がある
リズムをつくってエコモード
小さな疲れや不調を大切に
ほんとうの休みどき
不調のときは刺激を控える

エネルギー量には個人差がある

あの人はいつもエネルギッシュに活動しているけれど
自分はなかなか真似できないなぁ
よくあんな風に活動的でいられるなぁ
なんて思ったことはありませんか

真似してエネルギッシュに活動してみると
すぐに疲れてしまったり体調を崩したり…
普段から運動をして体力をつけているいない
といった違いももちろんありますが
それ以外の部分で
もともと持っているエネルギーの量が
人によって根本的に異なるのです

車の排気量がそれぞれ違うようなものです
ガソリンを入れるタンクの大きさが違うのですね
こまめにガソリンを補充しなくてはいけない人と
補充せずとも元気でやっていける人がいるのです

タンクの大きさは生まれつきなので
残念ながら変えることはできませんが
よい睡眠をとったり運動をして疲れない体を作ったり
鍼灸などでバランスのとれた体に近づけていくことで
燃費のよい体へと変化させることができます

自分のエネルギー量はどのぐらいかな?
周りの人と比べるのではなく
自分のエネルギー量を知り
それに合わせて活動、休養をとることが大切なのですね

関連記事
リズムをつくってエコモード
小さな疲れや不調を大切に
大切な時間
こまめに休んで疲れをためない
疲れにあった休み方

お灸は少ない箇所で大丈夫

お灸をセルフケアに取り入れる方が
増えてきているようです

お灸教室に来られた方が
実際にお灸をすえてみると
思ったよりも簡単でとても気持ちがよい
とおっしゃられることが多いです
そんなところも人気なのかもしれませんね

そして皆さんどのツボにお灸をすえるかに
とても関心があります
本などを見ながらどこにすえるかツボを選んでいると
この症状にはこのツボが効く
あの症状にはこのツボが効く
とついついたくさんすえたくなってしまうようです

たくさんすえたくなる気持ちはとてもよく分かるのですが
すえる数はそんなに増やさずに
ここぞ!と決めたツボ2、3箇所にしておきましょう
あまりツボの数を増やし過ぎないのも大切なのですね
少数精鋭でいきましょう

中には何十箇所もすえていますという方も
いらっしゃいましたが
あまりたくさんお灸をすえると
灸あたりといってだるくなったりのぼせたり
という症状が出てくることがあります

たくさんの数の方が効くように思いますが
意外とそうでもないのです
少ない数の方が効果が分散せずに
じわじわ効いてくるものなのです

その辺にちょっと気を付けながら
これからもお灸ライフを楽しんでくださいね

関連記事
もぐさは何でできているか
お灸で感じる力を磨く
経絡とツボの関係
いろいろな不調に鍼灸
鍼灸で頭モードをOFFに

身体の上の症状・下の冷え

頭痛、肩こり、めまいなど
主に身体の上の方に症状が出ている方
いらっしゃるかと思います

そういった方の中に
身体の上の方にはいろいろ症状が出ていて
身体の下の方は冷えているという方が
結構いらっしゃいます

冷えていないけどなぁという方も
触ってみると冷えていたり
温めると気持ちがよかったりします

東洋医学の視点で見てみると
身体の中には陰と呼ばれる冷たいものと
陽と呼ばれる温かいものが存在しているのですが
その陰と陽が大きく上下にぐるぐると交流することで
心身の健康を保っています

ところが何かの理由で陰と陽がうまく交流しなくなると
温かい空気が上に溜まるように
身体の中でも温かいもの(陽)が上に溜まり
冷たいもの(陰)が下に溜まったまま
といった状態で固定されてしまいます

するとどうなるかというと
上の方には頭痛、肩こり、めまいといった症状や
ほてりなどが現れ
下の方は冷えやむくみといった症状が現れてきます
実際このような状態になっている方はとても多いです

当てはまるなぁという方は
歩いたり走ったりなど足をよく使うようにして
下半身をしっかりさせることが大切です
また症状が辛いときには足湯もおすすめです
身体の下を温めることで
上にある症状をスッと引き下げることができます

関連記事
身体を全体でとらえる
頭の使い過ぎは身体のバランスを崩す
目を休めて心身を養う
身体の一部だけ使い過ぎると
鍼灸で頭モードをOFFに