頭のマッサージはやりすぎない

施術の前に頭皮がどんな感じなのか
硬さはどうか硬くないかむくんでいないか
などチェックさせて頂きます

頭皮が硬くなったりむくむ原因はいろいろあります
今はデスクワークなど身体を動かすことなく
頭だけを使うことが多いので
気が上に集まってのぼせてしまい
それが頭皮を硬くする原因になったりします

またストレスも頭皮を硬くします
気が張りつめていると頭皮も張りつめてしまうのですね
その状態が長く続くと今度はぶよぶよしてきて
頭皮がむくんでしまったりもします

適度に弾力があって指でずらすと
皮膚が動くような状態が健康な頭皮ですが
硬い状態むくんだ状態を放っておくと
頭痛の原因になったり
健康な髪が生えなくなってきたりしてしまいます

そんなときに頭のマッサージをしたくなるものですが
頭のマッサージをするときは注意することがあります
それはやりすぎないことです

頭はとてもデリケートです
ただでさえ気が集まりやすくのぼせやすいのに
頭をマッサージしすぎると
更に気が集まってきてのぼせてしまいます
そうすると頭痛がしたりめまいがしたりすることがあります

適度にマッサージするのはよいことですが
優しく指の腹で頭皮を動かすようにしましょう
そして長くてもマッサージの時間は5分以内にとどめます
できれば頭をマッサージした後に
上った気を降ろすようにイメージしながら
脚(膝下~足裏など)をマッサージして
上下のバランスをとりましょう

頭皮の硬さや髪についてお悩みの方
丁寧に優しくマッサージしてみてくださいね

関連記事
身体の上の症状・下の冷え
足りないぐらいでおさめる
身体の一部分だけ使い過ぎると
鍼灸で頭モードをOFFに
頭の使いすぎは身体のバランスを崩す

よい変化も心身の負担になる

人生の中には小さな変化から大きな変化まで
いろいろな変化がありますね
その中には辛く感じるような変化があったり
嬉しくなるようなよい変化もあります

辛く感じるような変化が
心身に影響を及ぼすことは
どなたもご存知のことと思いますが
よい変化に感じるものも
心身に不調を招くきっかけになることは
意外と気づきにくいかもしれません

よい変化、嬉しい変化でも
環境が変わることでストレスがかかり
心身に影響が出てくることがあります
よい変化だから体調がよくなる
というわけでもないのですね
新しい環境はやっぱり心身にとって
ストレスとなることが多いようです

よいことがあったのに
何か最近疲れているとか眠たいとか
出かけたくないといった場合
心や身体が休息を欲しているサインです
そういった場合には
意識して心身をゆっくり休める必要があります

せっかくの嬉しい変化ですから
そんなときこそしっかり英気を養って
不調が出ないように心がけたいですよね

関連記事
病を見つめると自分が整理されてくる
不調の意味
こまめに休んで疲れを固めない
丁寧に身体に気持ちを向ける
変化のときは混沌とする

眠りはほてった身体を静める

睡眠についてお話を伺っていると
なかなか充分に質のよい睡眠をとれている方は
少ないように思います

日中忙しいと寝る前のゆっくりできる時間が貴重で
つい寝るのが遅くなってしまったり
そもそも帰りが遅くて寝る時間が遅くなってしまったり
別にすることはないけれども
何となくテレビを見ていたり
スマホを見ていたら遅くなったなど
そんなことはありませんか

昨日は寝るのが遅かった
今週は睡眠不足だなど
睡眠については1日単位、週単位で
みてしまいがちですが
近頃「睡眠負債」ということがよくいわれているように
長期的に見てもよい睡眠がとれていないことが
心や身体に大きな影響を及ぼしてきます

東洋医学で考えると
健康のためには陰陽のバランスをとることが大変大切です
いろいろなことが陰陽で考えられますが
日中の活動を陽とすると睡眠は陰になります
そうするとバランスをとるためには
日中の活動(陽)で活性化した心身を静めるために
睡眠(陰)がとても大切になってきます

ほてった心や身体をクールダウンしてくれる働きが
睡眠にはあるのですね
そのほてりを放っておくと
心や身体がオーバーヒートを起こして
いろいろな不調や病につながっていくこともあります

身体を診させて頂くと
今は陰が不足している方がとても多いように感じます
いくつも原因があると思いますが
睡眠がしっかりとれていないというのも
理由の一つなのです

ぜひ今日から睡眠をしっかりとって
心や身体のほてりを静めることを
意識してみてくださいね
そうやって質のよい睡眠を積み重ねていくことで
心身の修復機能も高まり
今現れている不調も
少しずつ改善されていくかもしれません

関連記事
陰を大切にする
不眠に鍼灸
陰と陽のバランスをとって過ごす
大切な時間
眠れないときは身体に意識を

回復はらせん状に

病が回復するときというのは
誰でもすっとよくなってほしいものですが
実際はなかなかすんなりとよくなることは
少ないものですね

何となくよくなったり悪くなったり
そのうち気づいたら治っていたということが
多いのではないでしょうか

病や不調というのは
心や身体の状態がアンバランスになったまま
固まっているようなものです
それを生活習慣を改めたり治療を受けたりして
徐々に本来のバランスのとれた状態に
近づけていくのですね

そのとき欲を出して一気に治そうとすると
急に心身のバランスが変わるために
かえって不調が出かねません
鍼灸の治療でも一気に治そうとはしません
あまり急に治そうとすると
逆にどこかにゆがみが出てしまうのです

ですので今日はこのぐらいまで
変化させても大丈夫かな
というように様子を見ながら施術をし
あとは少しずつ新しいバランスのとれた状態に
馴染んでいくのを待つのです
それを繰り返すことで
ゆっくりと玉ねぎの皮が1枚ずつむけるように
やわらかに変化していくのですね

すぐに治りたいかもしれませんがそこは我慢をして
上向きではあるけれども少しずつ少しずつ
よくなったり悪くなったりを繰り返しながら
らせん状に回復するのを待ちましょう
慌てずゆっくり構えていきましょうね

関連記事
癒すのは身体自身
身体の症状はすべてつながっている
ゆっくり回復する
ゆっくり治す
足りないぐらいでおさめる

自分のリズムを見つける

植物の種を蒔いてみると
植物によって発芽する時期が違いますし
成長する速度も違います
花や実をつけるタイミングも違いますよね

それと同じように人もそれぞれ
芽を出す時期や成長のペースは
本来大きく異なっているものです

よく「マイペースにいきましょう」
という言葉がありますが
それをどのぐらい実行できているでしょうか

今はどうしても世の中のスピードが速いので
テキパキと物事を片づけることが求められたり
時短がよしとされたりしますよね

ですがそのスピードは
本当に自分に合っているでしょうか
人が15分かけて行なうところを
1時間かかってもいいのではないでしょうか

仕事などなかなかそれが許されない場面が
あるかと思いますが
自分は時間がたっぷりいるということを認識して
できるだけ工夫をしながら
その特性を生かすことは大切なことです

もちろん速い人は速い人なりに
そのスピーディな特性を
生かすことが大切ですよね

自分のペースで行こうと思っても
周りには自分と異なったペースの人が
いることがほとんどですから
つい自分のペースを見失ってしまいがちです

ですから意識して
それぞれのスピードやリズムを尊重しながら
自分の持つリズムも受け入れて
同じように尊重することがとても大事です

自分の持つリズムを理解し
守ることができるようになると
焦りやイライラが減ってきて
心身のバランスも整ってきます
自然界と自分のリズムが呼応するのかもしれませんね

そうしてそのリズムから
植物の花と同じように
自分らしさがキラリと光るものを
生み出すことができるようになります

関連記事
エネルギー量には個人差がある
陰と陽のバランスをとって過ごす
自分の陰陽バランス
のんびりするには力がいる
自分の波を知る