小さな風邪も大切に

今の時期、年末年始のお休みをはさんで
風邪をひいたり体調を崩されている方が
とても多いです

食べ過ぎや飲み過ぎに移動の疲れ
また気疲れなどもあるかと思いますが
長いお休みでほっとして身体が緩み
たまっていた疲れや身体の偏りが
症状として出ていることもあります

身体が偏りを戻そうとしているのですから
風邪もそうそう悪いものではありません
ときどきひいて慌てず上手に治すことで
大病の予防にもなります

風邪をひいたとなると
悪いものだからと早く何とかしなきゃと
すぐに薬を飲んだりするものです
お仕事やいろいろな事情で
休むのが難しい方も多いですものね

ですがそこで一呼吸おいて
今の自分は少し無理をしていないかなと
ゆっくり考える時間を持ってみませんか

冷えたかな?食べ過ぎたかな?と
風邪の原因は直前にあるように考えますが
積み重なったものが風邪として
現れていることもあります

ここ数か月もしくはここ数年
自分は無理をしすぎていないか
楽しく過ごしているか
日常はこれでいいのかと
振り返ってみる必要があるかもしれません

長い人生の中で風邪は
ちょっとした休符のようなものです
小さな風邪でもむげに扱うことなく
大切にしてくださいね

関連記事
身体はシンプルを好む
楽さより心地よさ
内側から変化する
大切なものはいつもゆっくりと進む

自分の波を知る

boat体調や気持ちに波があるのは
どなたも感じられていることと思います
特に女性の方はひと月の中に
波やリズムがあるのを
よく感じられているかもしれませんね

そのひと月の中ではもちろん
一日、一年、あるいはもっと長い期間でも
それぞれの中に自分なりの
リズムや波があります

いつもスピーディーにパッパと進む人
じっくりじっくりと進んで行く人
アクティブに行動した後には
たっぷりした休みが必要な人

人間だからといってみな同じわけではなく
必ずその人らしいリズムや波があります
友人や職場や家族など身近な人でも
まったく異なるのです

そういったことは
何となく分かっているように思えるのですが
つい早くできる方がすごいとか
いつも同じ調子でないといけないなどと
人や周りのペースに合わせ過ぎていませんか

そうすると自分のリズムが分からなくなって
進むべきときに進めず
休むべきときに休めなかったりして
心身ともに非常に消耗することになってしまいます

できないできないと思っているときも
実はただ自分のリズムに合ってない進み方を
しているだけかもしれませんし
行動や気持ちにむらがあるように思えても
それ自体がリズムになっていることもあります

自分はどんなリズムや波があるのか
心や身体に気持ちを向けてみませんか

自分のリズムをよく知ることができると
波に逆らって進むようなことも少なくなり
上手に歩みを進めたり遅めたりしながら
無駄にエネルギーを消耗することもなくなります

自分はもちろん周りの人のリズムも
大切にしてあげられるといいですよね

関連記事
自分のための時間を大切に
しっかり休むには
大切なものはいつもゆっくりと進む

長風呂で肌を傷める

寒い冬は温かいお風呂がとても気持ちよいですよね
一日の終わりのお風呂が楽しみだ
という方も多いかもしれません

ですがこの寒い季節
肌の乾燥やトラブルで困っている方は
長風呂、長くお風呂につかっている場合が多いのです

冷えにいいし気持ちよいのでと
半身浴をしたり長くお風呂につかっていると
かえって肌のバリア機能を壊してしまい
乾燥やトラブルを招くことになります

長くお風呂に入った場合とそうでない場合
バスタオルで拭き取るときの肌の感じが違いませんか

またお風呂から出た後も
肌に残った水分はよーーーーく拭き取ってください
長いお風呂は控えて
あがってからもしっかり水分を拭きとると
それだけで保湿などしなくても
肌の乾燥をだいぶ防ぐことができます

夏でも冬でも長いお風呂がいいとは一概には言えません
お風呂は体力を使いますし体調や個人差があるのですね

肌の乾燥やトラブルが気になるという方
お風呂の入り方に少し注意してみてくださいね

関連記事
身体はシンプルを好む
手首を温めて寒さを防ぐ
内側から変化する

経絡とツボの関係

東洋医学の「ツボ」というと
押したりすると何か効果があるのかな?
そんなイメージをお持ちの方が多いかもしれませんね
ツボの正しい名前を「経穴(けいけつ)」といいます

ツボと切っても切り離せないのが
「経絡(けいらく)」というものです
こちらもご存じの方いらっしゃると思いますが
経絡というのは気などの
目に見えないエネルギーが流れている
川のようなものです

その川の流れは身体中をめぐっており
いろいろな臓腑や器官など
身体のあらゆる部分と関わって
栄養したり調整しながらバランスをとっています

この川の流れのところどころにあるスポットがツボです
経絡を線路にたとえてみると
ツボは駅のようなものです
実際の駅になると山手線、東海道線など
いくつかの線が通っている駅もありますね
ツボ(駅)も同じでいくつかの経絡(線)が通って
連絡しているものもあったりします

駅は人が多く出入りしているように
ツボもエネルギーが出入りしています
そういった動きのある部分に
アプローチして身体に働きかけようということで
ツボを使って治療したりするのですね

〇〇というツボが肩こりにいいと聞くと
そのツボを押したりお灸したりすることで
直接ビュッと肩こりに働きかけているような気がしますが
実際はそのツボを通して経絡という川の流れが変化し
またその経絡を通して
関わりのある臓腑や器官などが変化し
その結果症状がおさまったり体調が整ったりと
身体が変化しているのですね

関連記事
身体の中の自然もめぐる
心の不調に鍼灸
内側から変化する

しっかり休むには

最近忙しかった
疲れがたまっていたという方
年末年始はしっかり休めましたか

しっかり休むのはとても大切なことですが
いざ休もうと思うと
簡単なようで意外と難しいのです
予定を入れずに家でごろごろしていれば
休めているかといえばそうでもありません
ごろごろしているようでも
頭の中はあれこれ忙しくしていることが多いのですね

あれをやらなきゃこれをやらなきゃと考えていたり
何もしない自分に罪悪感を抱いていたり
身体はじっとしていても頭の中がこのような状態では
かなりエネルギーを消耗するので
心身の疲れを本当にとることはできません
何かをやらなくてはという思いはまずやめましょう

そして刺激の強いことも避けます
特に目を使うことは強い刺激になり
頭の中を騒がしくしていしまいますし
身体の負担になりますので
できればテレビやパソコン、携帯なども控えましょう

こうやってのんびりしていると
気持ちが次第にぼんやりとしてきます
ただそこでお昼寝をしてしまうと
睡眠リズムが崩れて体調も崩れてしまうので
眠くなってもお昼寝は我慢します

何もしないでいると時間を無駄にしてしまったと
感じるかもしれませんがそんなことはありません
何もやる気が起きずにぼんやりしているぐらいが
心身ともにしっかり休めている状態なのです

このように本当に休むことができると
気力体力ともに回復して
今度は自然とやる気が湧いてきます
何かするときにも無理に力を出すのではなく
身体がさっと動くようになります

人や状態によって必要な休息期間が異なります
もっと休みたいと思うときは
それにしたがってゆっくり休んでくださいね

関連記事
自分のための時間を大切に
大切なものはいつもゆっくりと進む