腰に負担をかけない立ち方

仕事や家事などでずっと立っていると
腰が痛くなって辛い方いらっしゃると思います
体質や環境などいろいろ原因はありますが
立ち方によって腰痛が起きていることも多いのです

すっと立ってみたときに
足裏のどのあたりに体重がかかっていますか
足の指はほとんど使わずに
足裏の平の部分やかかとのあたりなどで
立っていませんか

本来は足指をしっかり使って立つことが
前提にされている身体ですから
足の指を使わずに長いこと立っていると
腰に負担がかかって痛くなってきます

自分の腰に手を当てて
足指に体重をかけたときとそうでないときの
筋肉や骨の動きを感じてみると
ずいぶん違うことが分かると思います

後ろに体重を預けて立った方が楽な気がしますが
それでは逆に腰や膝に負担をかけることに
なってしまうのですね
足指を使って立つ方が慣れると楽ですし
気持ちもしゃんとしてきます

腰が痛くなるのが辛いという方
よかったら足指を使って立つことを
心がけてみてくださいね
それだけで腰痛がかなり改善されることがあります

長いこと歩いていて腰が痛くなる場合も同様です
しっかり足指を使って歩くことを
意識してみてくださいね

関連記事
長風呂で肌を傷める
手首を温めて寒さを防ぐ
身体はシンプルを好む
楽さより心地よさ

変化のときは混沌とする

ものごとが変化するときや新しい段階に移るときには
よい悪いに関わらずバランスが取れていた状態を
いったん崩して変化しようとするため
どうしても混沌とした状態が現れてきます

身体でいえば思わぬ症状が出てきたり
風邪をひいたり体調を崩したりすることが
あるかもしれません

身体だけに限らずいろいろなことも
変化するときには
思ってもみないできごとが起きたり
今までのやり方ではうまくいかなくなったりして
落ち着いていたものが揺れ動いてきます

そういうときにはその混沌とした状態が
ずっと続くように思えて辛いものですが
渦中にいる自分の外に視点を少しずらして
変化しようとしているときなのかも?と気づけると
気持ちも次への進み具合もだいぶ違ってきます

慌てなくても混沌とした状態からは
そのうち自然と新しい調和が生まれてきます
辛い中でも次にどんなものが生まれてくるのか
楽しみにできるといいですよね

関連記事
内側から変化する
大切なものはいつもゆっくりと進む
自分の波を知る

季節と季節をつなぐ土用

毎日寒い日が続いていますが
来月初めの2/4には立春を迎えますね

立春、立夏、立秋、立冬という
季節の始まりを告げる日の直前約18日間は
土用という少し特別な期間です
夏の土用の丑の日などなじみ深いですが
夏以外の季節にもそれぞれの土用があるのですね
1/17から冬の土用に入り今はちょうど土用の期間です

東洋医学と関係深い五行では
それぞれの季節にはそれぞれ特性を持った力が
働いていると考えます

春には植物が芽吹いたり動物や虫が外に出てくるように
発生・発散するような外に向かう力
夏にはそんな外に出てきたものを旺盛にするような力
秋にはそれを収束させて実りに向わせるような力
冬にはそれをじっと蓄えて固めておくような力

季節ごとにこういった力が働いているのですが
土用というのは
その季節と季節の間を取り持つような期間なのです
明日から急に次の季節ですというのも
混乱してしまいますから
少し間をとって徐々に変化していくための期間が
ちゃんと特別にあるのですね

こうした季節ごとの力は
自然だけではなく人にも働いていていて
身体や心も大きな影響を受けています
自然とともに人も変化しているのですね

冬土用の今は冬から春に向けて
変化を進めている時期ですから
自分の心や身体に静かに耳を澄ませてみると
そんな変化の気配が何か感じられるかもしれません

関連記事
身体の中の自然もめぐる
大切なものはいつもゆっくりと進む
自分の波を知る
内側から変化する

2/1 お灸教室のお知らせ

お灸Cafe-お灸セルフケア教室-
お灸教室
2/1(日) にお灸教室を開催します
ハーブティを飲みながら
ゆったりお灸を体験してみませんか

陰陽五行といった東洋医学や
身体や体質について簡単に学んだら
実際に自分でツボを選んで火をつけて
お灸を体験してみましょう
ご希望の方には背中や腰にすえることもできます

自宅用のお灸をお持ち帰り頂けるので
その日から自分でできるようになりますよ

簡単で気持ちよく効果の高いお灸を
日常に取り入れてみませんか


■日時■
2015年2月1日(日)10:00~11:30

■開催場所■
はりきゅう治療室GreenRemedy
名古屋市営地下鉄丸の内駅 1番出口徒歩3分

■参加費■
1,500円(ハーブティ付)
※自宅用お灸プレゼント

■お申込み方法■
ご希望日時・お名前・ご連絡先(メールアドレス・電話番号)を明記の上
ご予約・お問合せフォームよりお申し込みください

※なお2名以上のお申込みであれば
別途日時に開催することも可能です
ご希望日時をお知らせの上気軽にご相談ください

小さな風邪も大切に

今の時期、年末年始のお休みをはさんで
風邪をひいたり体調を崩されている方が
とても多いです

食べ過ぎや飲み過ぎに移動の疲れ
また気疲れなどもあるかと思いますが
長いお休みでほっとして身体が緩み
たまっていた疲れや身体の偏りが
症状として出ていることもあります

身体が偏りを戻そうとしているのですから
風邪もそうそう悪いものではありません
ときどきひいて慌てず上手に治すことで
大病の予防にもなります

風邪をひいたとなると
悪いものだからと早く何とかしなきゃと
すぐに薬を飲んだりするものです
お仕事やいろいろな事情で
休むのが難しい方も多いですものね

ですがそこで一呼吸おいて
今の自分は少し無理をしていないかなと
ゆっくり考える時間を持ってみませんか

冷えたかな?食べ過ぎたかな?と
風邪の原因は直前にあるように考えますが
積み重なったものが風邪として
現れていることもあります

ここ数か月もしくはここ数年
自分は無理をしすぎていないか
楽しく過ごしているか
日常はこれでいいのかと
振り返ってみる必要があるかもしれません

長い人生の中で風邪は
ちょっとした休符のようなものです
小さな風邪でもむげに扱うことなく
大切にしてくださいね

関連記事
身体はシンプルを好む
楽さより心地よさ
内側から変化する
大切なものはいつもゆっくりと進む