心身から休めと言われたら

1日の中で、1週間の中で、1年の中で、人生の中でしっかりとお休みはとれていますか?
休息とは身体を休めること、心を休めることの両方があると思いますが、なかなか充分に休めているという方意外と少ないのではないでしょうか。
仕事や勉強や家事などもちろん大切なことではありますが、休息も同じぐらいもしくはそれ以上に大切なことです。
時間ができたら休むのではなく、休むことをちゃんとスケジュールに入れておかなくてはなりません。

もししっかり休息がとれていないとどうなるでしょうか?
そうすると強制的に休まざるを得ない状況が訪れます。
すなわち身体や心の調子を崩したりして、やむを得ず休まなくてはいけない状況になってしまうのですね。
ぜひそうならないように、意識して休む時間をしっかりとるよう心がけましょう。

でももしも調子を崩してしまったら…。
ここはひとつ「今は休みどきなんだ」と気合を入れてしっかりと心身を休めましょう。
充分お休みしないまま活動を始めると、またすぐに調子を崩して同じ状況が訪れてしまいますよ。

ちょっと休み過ぎかな?と思うぐらいでちょうどいいのかもしれません。
急がず騒がずゆったり構えませんか。
心配しなくても大切なものはそんなにすぐなくなったりしません。

関連記事
眠りはほてった身体を静める
ゆっくり回復する
大切な時間
大切なものはいつもゆっくりと進む
こまめに休んで疲れをためない

静けさが深まると見えてくる


今の自分の心や身体がどんな状態なのか、いざ把握しようとすると自分のことなのになかなか難しいものですよね。
今の自分の心はどんな状態なんだろう、身体はどんな状態なんだろう…。
休んだ方がいいのか行動した方がいいのか、迷ってしまうこともあります。

そんなときは静かな状態に一旦身をおいてゆっくりと考えてみませんか。
自分のことがよく分からないときというのは、スノードームの雪が舞っているような状態なのかもしれません。
知りたいことが雪に邪魔されてよく見えなくなっているのですね。
ですから静かに雪が下に降り積もるのをじっと待つことが必要なのです。

じっと待つだけでも雪はおさまってきますが、またワーッと巻き上がらないように静かにしていることも大切です。
何か見えてくるまでじっと静かに時を待つ、そんなことも時には必要なのかもしれませんね。

関連記事
自分のうちの静けさ
ゆるむことで自然に動く
見えないものから変化する
病を見つめると自分が整理されてくる
ぼんやりするとき

信頼して待つ力

今の世の中はテンポが非常に速いですから、何ごともポンポンとスピーディに進んで行くことがよしとされるようなところがありますね。
ですが人の身体や心というのはそういった速いテンポよりも、本来はとてもゆっくりゆっくりと変化しているのではないでしょうか。

自然に目を向けてみると、どんなに世の中のテンポが速くなっても、四季の移り変わりが急にやってくるわけでもありませんし、蒔いた植物の種から急いで芽が出てくるなんてこともありません。
人も自然の一部ですから、どんなに急いで行動したり動こうとしても根底にはゆったりと自然のリズムが流れているのです。
急いで行動した分、身体の内側や心の内側が急いで変化するかといえば決してそうではないのですね。
変化にはやはりたっぷりとした時間が必要なのです。

身体や心はいつもよい方向、よい方向へと進もうとしています。
ですが、それにはどうしても時間がかかるのです。
それが待てずにあれやこれやとやってみたくなるのですが、そこはぐっと我慢することが試されているように感じます。
時が熟すのを信頼して待つ力が必要なのかもしれませんね。

関連記事
大切なものはいつもゆっくりと進む
見えないものから変化する
ゆっくり回復する
ゆっくり治す
自分のリズムを見つける

胃を冷やさず夏バテ予防

今年の初夏は暑いですね。
今から熱中症予防に意識して水分を摂られている方多いと思います。
暑いですからがぶがぶと冷たい飲み物を飲みたいところですよね。
ですが、冷たい飲み物を飲むのはちょっと待ってください。
大切な胃を冷やしてしまいます。

胃は身体のエネルギーをつくる製造工場のようなものです。
その工場では、お鍋をぐつぐつコトコト煮てエネルギーをつくり出しています。
そしてそのエネルギーを使って私たちの身体をつくったり、活動したりしています。

ところが冷たい飲み物をとったりして、そのお鍋を冷やしてしまうとどうでしょう。
ぐつぐつと煮ることができなくなって、大切なエネルギーをつくり出せなくなってしまいます。
すると身体がだるくなってきたり、食欲がなくなってきたりと全体の調子がダウンしてきます。

ですので水分を摂るときには、常温のものか温かいものを飲んで胃を冷やさないようにしましょう。
毎年夏バテしている方は、これに気をつけるだけでもずいぶんと身体の調子が変わってきますよ。

関連記事
夏の冷え
冷たい飲み物にご注意を
暑くなる前に汗をかく
汗をかいて夏を迎える
初夏の咳に

心=身体

心がストレスを受けると頭が痛い、お腹が痛いなどと身体に症状が出ることがありますね。
またその逆に身体の調子が悪いと弱気になったりイライラしたりと心の調子が崩れることがあります。

東洋医学では心と身体を分けて考えません。
心と身体を分けないということは、「心と身体は関係が深い」というよりも「心=身体」なのではないかと思っています。
★という人間の本体があるとしたら、★のある側面がA(心)であって、★のある側面がB(身体)なのではないかと思うのです。A(心)=★=B(身体)という感じで、AもBも同じ★を表現しているのではないでしょうか。

ですから身体に症状が出ているということは、人間本体の★に何か起きているわけですから、心にも何か”?”なことが起きているのではないかと考えています。
ということは心の調子が悪いときは身体にも何かしら変化が起きています。
これは施術の際に身体を診せて頂くとよく分かります。
イライラしているときはみぞおちの近くが硬いとか、ストレスがあるときは頭皮が硬いとかいろいろと身体に現れています。

そう考えると身体をケアするということは身体プラス心もケアすることになりますね。
もちろん心のケアも同じです。
心をケアすることはプラス身体のケアにもつながっています。
身体がゆるむと心もゆるみ、心がゆるむと身体もゆるみます。

身体からのアプローチ、心からのアプローチともにいろいろと方法がありますが、ちょっとした調子の崩れなど方法を選ぶことができる状況のときは、自分のケアしやすい方からアプローチしてみるといいかもしれませんね。

関連記事
身体の症状はすべてつながっている
体を整えることは心を整えること
病を見つめると自分が整理されてくる
こころの不調は見えにくい
不調の意味