疲れたときは早く寝る

疲れているときにはただ早く寝るだけで
心身の状態が大きく変わってきます

最近忙しかったりして
疲れがたまっているなと感じたら
夕飯は食べなくて大丈夫です
すべてのことを差し置いて
21時ぐらいには寝てしまいましょう

それを3日ほど続けるだけでも
身体の疲れがかなりとれてきます

また身体の疲れだけではなく
心の悩みや疲れも
睡眠をよくとることで
気持ちがスッキリしたり
解決に向かう力が出てきたりします

睡眠は自分の奥深くにある泉から
新鮮なエネルギーが湧き出ている時間なのです
心や身体が疲れてきたら
たっぷり睡眠をとってください

ほんとうに疲れがたまっているときには
家族や周りの人に
迷惑をかけるなどと心配しないで
しっかり休んでくださいね
自分が元気になることを最優先してください

関連記事
しっかり休むには
身体はシンプルを好む
自分のための時間を大切に
モノと一緒に心も整理する
小さな風邪も大切に

モノと一緒に心を整理する

何かしようと思うのだけれども
何をどうしていいのか分からないとき
何をやってもうまくいかないとき
自分の気持ちがよく分からないときなど
どうしていますか

そういったときは
身体を動かしてスッキリすることが
助けになるかもしれませんし
のんびり休むことが必要な時期なのかもしれません

気持ちや心は目に見えないですし
今どのような状態なのか
これからどのように動いていくのかが
自分のことなのによく分からないですから
とても難しいですよね

そんな目に見えない心ですが
ある程度目に見えるような状態に
分かりやすく現れているものが
自分の周りにある物かもしれません

家や仕事場、カバンの中や引き出しなど
いらないものがたくさんあったり
ごちゃごちゃしていませんか
物が先なのか気持ちが先なのかは分かりませんが
つながりがあることは間違いなさそうです

そんなごちゃごちゃは
自分では気にしていないようでも
深い部分では知らず知らず影響を受けています

そうはいっても片づけるの面倒くさいな
大変だなと思うかもしれません
ですが物ははっきり目に見えるものですから
目に見えない心と苦しんで格闘しているよりも
目に見える物を片づける方がうんと楽なのです

どんな小さなものでも
不要なものや片付いていないものを
ひとつひとつ動かすたびに
自分の心の奥も一緒に動いています

片づけ終わった後の
何だかスッキリしたなという気持ちは
表面の部分ではない
奥深くから来る感覚ですから
たとえすぐに変化を感じなくとも
少し経った頃にいつの間にか変化した自分に
気づくかもしれませんね

関連記事
変化のときは混沌とする
内側から変化する
自分の波を知る
楽さより心地よさ
大切なものはいつもゆっくりと進む

自分の性質を大切にする

春も近いのかなと感じられるような
少し暖かい日が続きますね

今は季節と季節の合間のような土用の時期ですが
それぞれの季節には
その季節の特性を作っているような見えない力が
自然の中で働いています

人も自然の一部ですから
そういった季節ごとの力に影響を受け
心身ともに変化したりしています

その季節ごとに働く力ですが
もともとは身体にも存在している力で
季節に呼応するような感じで一緒に変動したり
自分の過ごし方や感情などで変動したりしながら
バランスをとろうとしています

そしてその季節のような力は
人によってどの力を強く持っているのかが
生まれつき異なっています

春のような力が強い人
秋のような力が強い人など
力のバランスが人それぞれ違っていて
それが体質と呼ばれるものになっています

また東洋医学は心と身体を分けて考えませんから
どの力が強くその人に働いているかは
体質だけではなく心にも当てはまります
身体と心の両方の特性を作る力になっているのですね

たとえば春のような力がもともと強い人は
木々が芽吹くような春の力を
身体と心に持っていることになります

自分のもともとの性質を知ることは大切です
自分の性質をよく考えずに過ごしてしまうと
周りにいる他の性質の人と比べたりして
本来の自分とずいぶんずれたことを
してしまうかもしれません

そうなると苦しさを感じたり
心や身体に不調が出てきたりしてしまいます

自分の性質を大切にして
それに合わせて過ごすことができるようになると
余分な力を使うこともなくなり
心も身体も楽になってきます

自分の性質のよさをどうぞ
ぞんぶんに生かしてくださいね

関連記事
季節と季節をつなぐ土用
身体の中の自然もめぐる
自分の波を知る
心の不調に鍼灸

腰に負担をかけない立ち方

仕事や家事などでずっと立っていると
腰が痛くなって辛い方いらっしゃると思います
体質や環境などいろいろ原因はありますが
立ち方によって腰痛が起きていることも多いのです

すっと立ってみたときに
足裏のどのあたりに体重がかかっていますか
足の指はほとんど使わずに
足裏の平の部分やかかとのあたりなどで
立っていませんか

本来は足指をしっかり使って立つことが
前提にされている身体ですから
足の指を使わずに長いこと立っていると
腰に負担がかかって痛くなってきます

自分の腰に手を当てて
足指に体重をかけたときとそうでないときの
筋肉や骨の動きを感じてみると
ずいぶん違うことが分かると思います

後ろに体重を預けて立った方が楽な気がしますが
それでは逆に腰や膝に負担をかけることに
なってしまうのですね
足指を使って立つ方が慣れると楽ですし
気持ちもしゃんとしてきます

腰が痛くなるのが辛いという方
よかったら足指を使って立つことを
心がけてみてくださいね
それだけで腰痛がかなり改善されることがあります

長いこと歩いていて腰が痛くなる場合も同様です
しっかり足指を使って歩くことを
意識してみてくださいね

関連記事
長風呂で肌を傷める
手首を温めて寒さを防ぐ
身体はシンプルを好む
楽さより心地よさ

変化のときは混沌とする

ものごとが変化するときや新しい段階に移るときには
よい悪いに関わらずバランスが取れていた状態を
いったん崩して変化しようとするため
どうしても混沌とした状態が現れてきます

身体でいえば思わぬ症状が出てきたり
風邪をひいたり体調を崩したりすることが
あるかもしれません

身体だけに限らずいろいろなことも
変化するときには
思ってもみないできごとが起きたり
今までのやり方ではうまくいかなくなったりして
落ち着いていたものが揺れ動いてきます

そういうときにはその混沌とした状態が
ずっと続くように思えて辛いものですが
渦中にいる自分の外に視点を少しずらして
変化しようとしているときなのかも?と気づけると
気持ちも次への進み具合もだいぶ違ってきます

慌てなくても混沌とした状態からは
そのうち自然と新しい調和が生まれてきます
辛い中でも次にどんなものが生まれてくるのか
楽しみにできるといいですよね

関連記事
内側から変化する
大切なものはいつもゆっくりと進む
自分の波を知る